スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事 山越えた

girl20060327_1.jpg
久しぶりにゆっくりXSIを触ってた。
去年の暮れ身体にフィットし続けるワイヤーを作ってたわけですが。
モデリングリレーションを使ったすごい遠回りな作りだったわけです。
それとは違うシンプルな方法で今回試しに腰飾りを作ってみた。
色んなポーズ取らしても全然追従しますOK問題なさそう。
めでたく以前のワイヤーとモデルは全削除しました。

ちなみに新型はこれ。
girl20060327_2.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 3DCG
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

おお、これは良い触手ですね。
どうやってるのか、興味あります。
身体に絡みついたままヌルヌル動いたりするんでしょうか?

以前のはモデリングリレーションを保ったまま、身体のモデルからエッジを抽出して繋いでカーブにして、それに触手をデフォーム/カーブ ってやってたんす。

なんでそんな回りくどいことしてたかというと カーブにエンベロープ設定できないと思い込んでたわけです、確かSIの頃はできんかったはず。

ところが XSIって それができるんですね。
そうなると話は簡単で 身体のサーフェスにスナップしながら新規にカーブを描いて、後でエンベロープ設定して それに触手をデフォーム/カーブ ってわけす。

もちろん身体に絡みついたままヌルヌル動かせます、手足を動かしても追従します XSI Foundation万歳。
プロフィール

nishi

  • Author:nishi
  • 年齢:かなりおじさん
    趣味:タク絵
    目標:エロい3DCG
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。